2007.08
Monday
-
-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< ボーダフォン買収!携帯シェアは変わるか? : main : スポーツ立国はいかが・・? >>
2006.03
Sunday
01:11
comments(0)
trackbacks(0)

『ウェブ進化論』 梅田望夫著

今、書店のアイランドに山積みになってる本。

『ウェブ進化論』 梅田望夫著(ちくま新書)

毎日、ネットに接して、現実の世界よりもネット住人としての重きを
置いている人も多いだろう。使い始めた人には、いつの間にか、浸透
してしまった。そんな、インターネットは、実質、’95から始まり、
10年経過し、第1世代から、第2世代(WEB2.0)に移行したらしい。

この本の一環した概念として、ウェブの「こちら側」と「あちら側」
がある。過去10年間、需要、市場を引っ張って来たのが、マイクロ
ソフトを筆頭とする、こちら側の企業。これからは、グーグルを中心
とした、あちら側の企業が覇権を握るというものだ。

グーグルというと、ヤフーと並ぶ、検索エンジンで、広告で収益を上
げているんだろうな〜、程度の認識がほとんどだと思うが、これを読
むと、20年に一度現れるか否かのエクセレントカンパニーだという
ことがわかる。出来るだけ、人の手を介さず、自動化し、世界中の知
の再編成を企むというのだ。

日本でいうと、ヤフージャパンや楽天、失墜したライブドアなどが、
いろいろと仕掛けたところで、所詮、こちら側の世界。あちら側で
グーグルが、新しい仕掛けを作ってしまえば、ほとんどかなわない。

グーグルは、「世界中の知の再編成」をテーゼとしていると同時に、
「世界の富の平準化」も企む。世界のどこにいても、自らの分身とし
てのHPにアドセンスの広告を掲載すれば、そこをクリックされること
により、広告代理業としての報酬が手に入る。発展途上国に住んでい
ても、ネットを通じて、収入を得ることが出来る。

私も、身を持ってチャレンジしている者だが、これが、なかなか難し
い。当たり前かもしれないが、一筋縄ではいかない。

一番いいのは、グーグルでも、最高に優秀な技術者の頭脳を移植して
もらい、あちら側の新しい秩序を作ってしまうことだろうけど・・。

まあ、適わぬ夢を追わないで、地道にアクセスアップを狙いますか!?

2007.08
Monday
-
-

スポンサーサイト


Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://artput.jugem.jp/trackback/44 ]