2007.08
Monday
-
-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< スポーツ立国はいかが・・? : main : 山手線の「カメレオンマン」 >>
2006.04
Sunday
13:04
comments(0)
trackbacks(0)

日比谷公園のアイデンティティ

昨夜は、以前、銀座でやっていたギャラリースペースの後に出来た銀座
芸術研究所へ・・。CDアート展のエンディングパーティに参加。今回の
企画のために、おもしろそうな作家を数人、ピックアップさせてもらった。

30代〜50代の実力作家に加え、今回、20代の新鮮な感覚の若手作
家が加わった展示は、こういう展示にありがちな、ちぐはぐさがなく、
心地よく目に入って来た。

その後、みんなで日比谷公園へ。事前に、ネットで検索したときには、
結構、桜のメッカの印象を得ていたのだが、ライティングが乏しい。薄
暗がりの中での花見となる。帰りに、ベンチに寄り添うアベックを見て、
そうか、この公園は、薄暗いことにより、「アベックご用達」という定
着した特色を保っているのか!と発見。

なるほど・・。

アイデンティティ保持のために、ライティングなしも納得した一晩であ
りました。

2007.08
Monday
-
-

スポンサーサイト


Comments

 
 
 


 

Trackback   [ http://artput.jugem.jp/trackback/50 ]