2007.08
Monday
-
-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


<< inner road shot movie 展 本日から開催! : main : 「ピックアップ」 と 「フィルター」 >>
2006.04
Thursday
03:47
comments(1)
trackbacks(1)

サイバニックなカタルシス・・鴨下 容子展

日本橋のGallery unsealへ・・

ここは、昨年10月まで、携わっていた、ポップな作家を中心に扱うギ
ャラリー。鴨下 容子展 (4月18日-5月6日)を観に行った。昨年のゲイ
サイで、抜擢した有望新人作家だ。

ペンやボールペン、水彩絵の具などで、ガンダム以降のサイバニックな
アニメの影響を受けた、微細なラインを描き、カタルシスを感じさせる
情景をダイナミックに表現している。

数点、特に気に入った作品があった。

視線が、作品の背後まで突き抜けた・・といっても、その奥の部屋まで
透視出来たわけではなく、そのくらい、空間の奥行きを感じたというこ
とだ。この感覚を味わうことが出来る作品と出会える機会はそう多くは
ない。数分間、その前で立ち尽くすことが出来るのも稀だ。

期待大の、すくすくと育って行って欲しい作家の1人です。


ところで、カウンター内にギャラリーの新しいスタッフの方がいたんで
すが、なんと、同姓でした(あんまり無い苗字なんですが、最近、あち
こちで会いますね)。

これで、実は気になっていた、ギャラリーのブログの作者名が、
“たきた”なのも、納得しました。


どうやら、“バーチャル・タキタ” では、なかったようです。

                 よかった、よかった。^^


2007.08
Monday
-
-

スポンサーサイト


Comments

unsealの「たきた」です。
って、つい数ヶ月前まで、たきたさんもunsealの「たきた」だったんですよね。。2月には「たきたまりこ」さんの個展もあり、「ここでは『たきた』韓国の『金』さんのようにあふれてますね。
今度ゆっくりお話できる機会を楽しみにしております。
posted by takita  at 2006/05/21 3:31 AM
 
 
 


 

Trackback   [ http://artput.jugem.jp/trackback/55 ]

free bead jewelry design
典鼎バニックなカタルシス・・鴨下 容子展
free bead jewelry design  at 2006/12/10 7:59 PM